無理のないペースで

妊娠中でも性行為も行いたくなるのも自然な欲求なようで妊娠初期は胎児も不安定でまたつわりの時期はとてもつわりが強かったため性行為は控えていましたが安定期、妊娠後期の頃になると体もある程度落ち着いてきてそのような欲求も沸いてきました。

私達夫婦の場合は無理な体位などは控え主人にも妊娠していない頃の行為よりは静かにそっと行うように頼んで実際そのようにしてもらいました。

また途中お腹がはってきてしまったときなどは都度伝えて無理がないように行いました。

またお腹がはって途中で止まってしまった際も様子で無理はせずに互いに手などによる行為でその後を行うという形もとりました。

少し恥ずかしく思ったのがある時期産婦人科の先生に性行為は控えてくださいとお話をいただいたにも関わらずその行為に及んでしまったときがあり翌日の検診時になんらかの反応もあったようで先生にはそのことが伝わってしまったことが気恥ずかしくもありました。

実際指摘は受けませんでしたが先生からそのようなお話があった際はきちんと守ろうとも思ったものです。

お腹の赤ちゃんも大切なので妊娠時期は無理な性行為は控えるべきだとは思いますが安定期や大丈夫な時期は旦那様と相談し無理のない範囲で行うことも夫婦間のコミュニケーションとしては大切な部分だとも思います。

そうできない時期にもスキンシップをはかるなどお互いの愛情をなんらかの形で示し感じあってゆくことも大切な面もあることと思います。