月別アーカイブ: 2019年1月

妊娠中の性行為へのアドバイス

私達、夫婦は、妊娠中の性行為は、時期や体調を優先して、無理なく行うことをお勧めします。

なぜなら、妊婦さんの体調が、性行為に関連しているからです。

妊娠初期のつわりがひどい時、特に眠い、疲れている時は、身体を休ませてあげた方が良いです。

そして、妊婦さん側の体調がいい時に、性行為をすると、お互いに楽しめます。

そして、妊娠の心配がないからと、コンドームなしでの性行為はNGです。必ずコンドームをつけるようにして下さい。

なぜなら、精液には、お腹にいる赤ちゃんにとって、良くない成分が含まれているためです。

そして、妊娠中にお勧めの体位と良くない体位があります。バックや騎馬上位は禁物体位です。

男性側が好きな体位が妊娠中に良くない体位なら、欲望のまま行うのではなく、きちんと、NOと言うようにしてください。

妊娠初期は、スキンシップを楽しみ、性行為を行う場合は、正常位がお勧めです。お腹があまり目立っていないからといって、激しいセックスは禁物です。

そして、お腹を圧迫しないように行ってください。流産の危険があるためです。

性行為で、お勧めな時期が、安定期です。ですが、妊婦さんによって、体調に差がありますので、安定している事がポイントです。

その時期、状態になれば、心配性の妊婦さんも心にゆとりが出来ると思います。

そして、安定期も、性行為は、妊婦さんに負担のかからない、体位で行うことです。

そして、挿入が深くならない体位を選択してください。例えば、コントロールのきく、前側位や、前座位も、楽しめます。

無理のないペースで

妊娠中でも性行為も行いたくなるのも自然な欲求なようで妊娠初期は胎児も不安定でまたつわりの時期はとてもつわりが強かったため性行為は控えていましたが安定期、妊娠後期の頃になると体もある程度落ち着いてきてそのような欲求も沸いてきました。

私達夫婦の場合は無理な体位などは控え主人にも妊娠していない頃の行為よりは静かにそっと行うように頼んで実際そのようにしてもらいました。

また途中お腹がはってきてしまったときなどは都度伝えて無理がないように行いました。

またお腹がはって途中で止まってしまった際も様子で無理はせずに互いに手などによる行為でその後を行うという形もとりました。

少し恥ずかしく思ったのがある時期産婦人科の先生に性行為は控えてくださいとお話をいただいたにも関わらずその行為に及んでしまったときがあり翌日の検診時になんらかの反応もあったようで先生にはそのことが伝わってしまったことが気恥ずかしくもありました。

実際指摘は受けませんでしたが先生からそのようなお話があった際はきちんと守ろうとも思ったものです。

お腹の赤ちゃんも大切なので妊娠時期は無理な性行為は控えるべきだとは思いますが安定期や大丈夫な時期は旦那様と相談し無理のない範囲で行うことも夫婦間のコミュニケーションとしては大切な部分だとも思います。

そうできない時期にもスキンシップをはかるなどお互いの愛情をなんらかの形で示し感じあってゆくことも大切な面もあることと思います。

三角関係の片思い

結婚した今は、片思いをしていた時の楽しみや不安などは感じられなくなりました。

昔片思いをしていた時期の苦い思い出は、今でも忘れることがありません。

社会人になって自由にお金を使える様になった頃、仕事終わりは毎日友人と飲みに行っていました。そこで出会った男性達と一緒に飲むことになり、連絡先を交換して次第に仲良くなっていったのです。

私はその中の1人の男性が気になるようになりました。しかし友人も同じ男性が気になっていることを知ったのです。

更にその男性も友人のことを気に入っていることを知りました。

とてもショックでしたが気持ちを抑える事ができず、ずっと片思いをしていました。

一緒に飲んでいる時、友人と男性が仲良くしているのをみると胸がとても苦しくなり辛かったです。

男性は私に友人がどんな男性が好きなのか、こんな告白をしようと思うなどの相談をしてきました。そんな相談にのりながら、悲しい気持ちになりました。

その後友人と男性は付き合うことになり、私の恋が叶うことはなかったのです。

資料サイト/片思いが辛い!脈なしのつらい片思いを乗り越え恋愛成就させる方法。