月別アーカイブ: 2015年7月

不快に思うことにはノーと言うべき

すでに新しい命を宿しているのなら、夫婦仲は良好であると考えられます。その状態を維持するために、妊娠中の性行為に及ぶことは悪いことではないと思います。実際に私たち夫婦も、お互いの絆を深めるために愛しあったことは何度もありました。

妊娠すると、体にはいろいろな変化が現れます。胸が痛みを感じやすくなったり、デリケートゾーンの事情が妊娠前とは異なったりなど、私の体が本当に自分のものであるのか不思議だったときもありました。そんなときに夫から求められたときに、私は快く応じるようにしていました。

彼に寂しい思いをさせたくないという気持ちがあることは確かでしたが、私自身も妊娠中の気分を紛らわしたかったからです。胸の痛みは我慢すればいいほどのレベルだったので、行為そのものは問題なくできました。

夫は、コンドームの装着感を嫌っているようでした。私が妊娠してからの性行為でも、コンドームを使わない状態で愛し合いたいと言われることが一度や二度ではありませんでした。

しかし、私は夫からの申し出を断り続けました。細菌感染症を引き起こすことによって、赤ちゃんに良くない影響があると考えたからです。普段は強く言わない私の気持ちを夫は理解してくれたので、妊娠中に自分の考えをしっかりと伝えれば受け入れてもらえると思います。

私達夫婦の場合はこうしていた

妊娠中の性行為、特に女性は、妊娠していますから、それをすることに対して不安になりますが、男性は妊娠していませんから、普通に性欲もあります。

それを我慢させておくのも大変ですから、たまには仲良くしてあげなければいけませんよね。

私達夫婦の場合、妊娠中は妊娠前に比べて、回数はぐっと減りましたが、旦那のためにたまに仲良くしていました。

でも、絶対に子宮につつかないくらい程度という風に決めていました。

というのも、そうすることで、子宮が刺激されてしまい、赤ちゃんに影響があることがあるというのを友達から聞いたり、本で読んだりもしたので、それは絶対にしないと決めていました。

もちろん、ゴムもつけてやるのが条件です。そうでないと、精子が何かしら赤ちゃんに影響を与えるかもしれないと思ったからです。

また、妊娠初期の頃、そしてもう出産間近の臨月頃には妙な刺激を与えてしまい、早産にならないとも言えないので、そういう危険を及ぼさないためにも、その時期だけは仲良くしませんでした。

ですから、このような方法を使って行為をするのは、安定期から臨月に入る前までとしていました。

その結果、赤ちゃんも私自身も出産まで問題なく過ごせました。

半年間の海外暮らしでも英語は身に付く!?

最近、テレビに良く出ている壇蜜さんですが、この間出ていたテレビで言っていた壇蜜さんの経歴で、和菓子屋さんや葬儀会社に勤めていた話はよく聞いていましたが、ボストンに半年間暮らしていたことがあったと聞いて驚きました!!

しかも、『ちょっと英語で会話して下さい』という境正章のリクエストにも、本当に自然に流暢なしゃべりで英会話をしていました!!
やっぱり、ただ英語の勉強をしていただけではなく向こうで暮らしていただけあって、考えてしゃべっている感じがなく、スラスラッと話していました!!しかし、半年間であんなにもしゃべれるようになるものかと、ほんとに感心しました。

私も旅行英語くらい勉強は時間があるときにしていますが、半年間くらいホームステイしたらあんなになれるのかと思わず期待してしまいますが、きっと向こうでのその人の過ごし方による所が大きいのかな~と思います・・・
向こうに居ても積極的に向こうの人と会話したりコミュニケーションをとったりしないと結局は身に付かないということだと思います。
ほんと、壇蜜さんには感服しました・・・

アシュラーツは運動と組み合わせることが大事です

主人がメタボになり、きるだけでマッチョになれるアシュラーツを購入しました。

その時、着るだけでいいのでと言うことで、とても喜んでいたのです。

そして職場にいる時も、そのアシュラーツをきて仕事をしていました。

ところが、2週間たっても、痩せることがなかったのです。そのため、やっぱり効果がないのかなと諦めていました。

しかし、せっかく買ったので、やっぱり最大限に生かしたいと思ったらしく、運動を始めることになったのです。

すると驚いたことに、みるみる痩せることができました。

そのことに気づいた時、やっぱりきるだけでは効果が少ない、効果がないかもしれないということです。

サプリなどでも同じことが言えると思います。そのものだけに頼りきると、決して痩せることはできません。

通常のシャツよりも、加圧することが出来るので、より筋肉を使うことができるということなのです。

そのことを知って、使うことが大切と思ったことでした。

女の自分磨き! 外面のみならず内面も磨こう

自分磨きというと外見を良くするためにエステに行くですとか、食事を改めるなど実に様々あります。食事を改めて健康美人な身体を作ることは非常に大切なことです。しかし、なかなか忘れがちですが、自分磨きは自分の内面を磨くことも合わさって自分磨きなのです。

例えば、いつも自分に自信をもてない人がいたとします。もちろん、外見が変われば心も軽くなるでしょうが、根本的な問題は心ですね。そういうときは自分ノートを作って自分を振り返ってみましょう。そうすると自分が考えていた以上に、気づいてなかった自分自身が見えてきます。

それがあなたが成長するための自分磨きの材料になるものです。それを克服するためにはどうすればよいかと考えたその先に最初に述べた食生活の改善などがあるのです。食生活の改善が難しいと思う人はサプリを上手に活用するのもありですね。

対人関係が苦手というならば、少しずつ人と関わる方法を探していくのです。ポイントは無理をしないことです。無理せずに続けていけば、ある時、ふと、自分が変わってきていることに気づくことがあるでしょう。話す人が増え、話す層が増えると自分を取り巻く環境が変わります。そして自分に自身が持てるようになってきます。また、ポジティブな関係は自分自身や相手を磨くのに更によい相乗効果を発揮するのです。