月別アーカイブ: 2015年6月

切迫の経験がある人は、控えて

私は妊娠初期に切迫流産で1週間入院した経験があります。そして、妊娠5か月の頃にも出血があったので、1週間ほど入院をしました。妊娠してからの夫婦生活は、以前よりかは回数が減り、夫にすると物足りない感じではあったかもしれません。

しかし、私は切迫流産をしかけたてこともあったので、それが不安で夫婦生活を持つことに不安がありました。しかし、やはり時には夫婦の信頼関係を深めるために夫婦の触れ合いも大切なもの。そう思い、妊娠5か月の入院前にも一度夫婦生活を持ったのです。それが引き金になったのかどうかはわかりません。

しかし、その後に出血をしたので、関連していたのでしょうか。私たちは子宮口をあまり刺激することはいけないと病院での指導もあったので、気を付けてはいました。しかし、やはり挿入すると当たってしまいますよね。それがいけなかったのかなと思います。

また妊娠5か月というと安定期に入ってすぐですね。安定期とはいってももう少し待てばよかったと思います。

私が経験して思ったことは、安定期に入る前、安定期に入ってからすぐの夫婦生活には、注意するということと、あまり激しい夫婦生活は極力控えるということです。妊娠は自分の身体の変化なので、女性はすぐに理解ができるけれど、夫の理解も大切ですね。